双眼鏡で星を見る(夏・秋編)

双眼鏡で星を見る(夏・秋編)

双眼鏡は肉眼強化装置

双眼鏡や望遠鏡は、遠くの景色を拡大して見ることができます。特に両眼で見られて、しかも手持ちで使える小型の双眼鏡は、景色を眺めたり、スポーツ観戦、美術鑑賞、野鳥や天体観察など、さまざまな目的において気軽に利用できるアイテムです。

遠くの景色が大きく見えるということは、近くに寄って見ていることと同じことだといえます。たとえば、野鳥観察では、鳥に気づかれずに遠くからその姿や仕草を子細に観察することができます。また、スポーツ観戦なら、試合のじゃまをすることなく、選手の表情をまるでその選手が目の前にいるかのように見ることもできます。

天体観察の場合では、特にレンズの口径が大きくて倍率の高い天体望遠鏡にはおよびませんが、手持ちで使える小型の双眼鏡は、両眼の性能を簡単にアップさせることができる「肉眼強化装置」だといえるでしょう。

明るい夜空でも暗い星まで見える

双眼鏡での天体観察なら、はるか遠くの天体に近づいたかのように、その天体を大きく見ることができますが、じつは天体観察の場合、もうひとつ双眼鏡を使う大きなメリットがあります。それは、肉眼で見るよりもはるかにたくさんの暗い星が見えてくるということです。

たとえば、大きな都市部では、地上の明かりに照らされて夜空が明るくなっています。そのため、都市部の夜空では、よく晴れていたとしても明るい星をいくつか数えられる程度です。ところが、そんな明るい夜空でも、双眼鏡で眺めると暗い星まで見えてくるのです。

双眼鏡はレンズで光を集めます。光を集めて眼に届ければ、暗い星も見えて当然です。でも、それだけではありません。

都市部を離れて、街明かりの影響の少ない海岸や高原など、たくさんの星を見ることができます。それは、夜空そのものが暗いからです。つまり、夜空の部分が暗くなれば、点として輝いている星は、暗いものまで見えるようになってくるのです。

双眼鏡や望遠鏡では、実際に見える夜空よりも双眼鏡や望遠鏡を通して眺めた夜空のほうが暗く見えます。視界が暗くなれば、暗い星は見えにくくなるように思えますが、夜空が暗くなったのと同じような効果で、じつは暗い星が見やすくなるのです。

たとえば大都市の郊外など、星座を形作る星がかろうじてわかる程度の明るい夜空では、肉眼で見えるのはおおむね3等星よりも明るい星です。そんな夜空で、地平線の上に見えている星は、全天(地平線より下にある星も含め)で、280個ほどしかありません。

ところが、口径20〜50mm、倍率5〜10倍程度の双眼鏡を使うと、より暗い7〜8等星ほどまで見えてくるのです。その数は全天で65,000個ほどにもなります。

さらに、高原など夜空が暗くて肉眼で見ることができる限界の6等星までが見えるような好条件の夜空では、口径20〜50mm、倍率5〜10倍程度の双眼鏡を使えば、なんと9〜10等星くらいまでが見えるようになってきます。その数、全天でおよそ28万個。双眼鏡を夜空のどこに向けても星がたくさん見えるのです。

ただし、面積を持った星雲のような天体は、夜空と同様に暗くなってしまうので、そのような天体は、できるだけ夜空の暗い場所で観察するのがよいでしょう。

夏に見たいおすすめ天体

M6・M7

M6とM7は、共に「さそり座」のサソリの毒針近くにあり、天の川のたくさんの淡い輝きの星たちから浮かび上がっているように見える大型の「散開星団」です。
低倍率の双眼鏡では、星の集まっているようすがふたつ並んでいるように見えます。とはいえ、それぞれは対照的な姿です。

北側で星が比較的小さくまとまっているのがM6です。比較的目立つ星が「への字」を二組重ねたようにも見えます。南側のM7は明るい星が多く、その広がりはM6よりも大きく、満月の直径の2倍ほどもあります。

M6、M7ともに、倍率の低い双眼鏡では天の川を構成するたくさんの星を背景にして見事な眺めを楽しめます。


5x21-A5でみるM6とM7(住宅街などの明るい空)


5x21-A5でみるM6とM7(山間部、離島などの暗い空)


6x30-B+でみるM6とM7(住宅街などの明るい空)


6x30-B+でみるM6とM7(山間部、離島などの暗い空)


8x42-D1でみるM6とM7(住宅街などの明るい空)


8x42-D1でみるM6とM7(山間部、離島などの暗い空)

M13

「ヘラクレス座」にある大型の「球状星団」です。ヘラクレスの胴体を形作る鼓型の星の並びのかんむり座側で、腰の辺りに双眼鏡を向けると、あきらかに星よりも大きくて面積があるようすが分かります。その大きさは満月の3分の1ほどもあり、周囲が少し滲んだように見えます。

大きな望遠鏡では、周囲に広がっているのが星であることが分かりますが、倍率の低い双眼鏡では残念ながらそこまでは見えてきません。それでも、日本国内ではほとんど天頂付近にまで昇るので、位置的には好条件で眺めることができるでしょう。


5x21-A5でみるM13(住宅街などの明るい空)


5x21-A5でみるM13(山間部、離島などの暗い空)


6x30-B+でみるM13(住宅街などの明るい空)


6x30-B+でみるM13(山間部、離島などの暗い空)


8x42-D1でみるM13(住宅街などの明るい空)


8x42-D1でみるM13(山間部、離島などの暗い空)

秋に見たいおすすめ天体

M31(アンドロメダ銀河)

有名な「アンドロメダ座大銀河」で、およそ数千億個から1兆個もの星の大集団です。暗い夜空では、肉眼だけでも位置が分かるほどです。双眼鏡では、ペガスス座の四辺形から、アンドロメダの姿をたどり、腰のあたりでカシオペヤ座側に少し視野を動かせば、ぼんやりした細長い楕円の光の広がりが眼に入ってくるはずです。

その見かけの大きさは、暗い夜空では、満月を5つ並べるほどもあることが分かるでしょう。また、都会の明るい夜空でも、M31の中心部だけが特に明るく見えますが、あきらかに星とは異なる印象です。


5x21-A5でみるアンドロメダ銀河(住宅街などの明るい空)


5x21-A5でみるアンドロメダ銀河(山間部、離島などの暗い空)


6x30-B+でみるアンドロメダ銀河(住宅街などの明るい空)


6x30-B+でみるアンドロメダ銀河(山間部、離島などの暗い空)


8x42-D1でみるアンドロメダ銀河(住宅街などの明るい空)


8x42-D1でみるアンドロメダ銀河(山間部、離島などの暗い空)

二重星団(hχ)

「ペルセウス座」の天の川の中にある「散開星団」で、ふたつの散開星団が接近して並んでいます。暗い夜空では、肉眼でも存在がわかることから、星と同じように西側の星団にはh(エイチ)、東側の星団にはχ(カイ・ギリシア文字)というアルファベットやギリシア文字の符号が付けられていることから、エイチ・カイとも呼ばれています。

秋の天の川の中でも特に星の集まったところで、暗い夜空では場所はわかりやすいのですが、明るい夜空ではペルセウス座から探すよりもカシオペヤ座のW字形の星の並びからたどったほうが楽に見つかるでしょう。

ふたつとも暗い星がほとんどなので、星団のイメージをつかむには、ぜひとも暗い夜空で眺めてみましょう。


5x21-A5でみる二重星団(住宅街などの明るい空)


5x21-A5でみる二重星団(山間部、離島などの暗い空)


6x30-B+でみる二重星団(住宅街などの明るい空)


6x30-B+でみる二重星団(山間部、離島などの暗い空)


8x42-D1でみる二重星団(住宅街などの明るい空)


8x42-D1でみる二重星団(山間部、離島などの暗い空)

ご興味のあるかはこちらもどうぞ(リンク集)

スターベース東京のブログ「日の出光学の双眼鏡・星空はこう見える」

こちらのブログでも、ヒノデの双眼鏡で見たときの星空の様子をビジュアルで描いて頂いております。内容的にも非常に参考になります。


双眼鏡で楽しむ星空

ペンションスターパーティーの名物オーナー木村さんが運営するこちらのページは、双眼鏡を使った本格的な星空観察について説明しています。双眼鏡での星空観察については、国内サイトではこれ以上の内容はないかもしれません。双眼鏡で楽しめる110か所もの名所を案内する、ABKカタログは必見。


星雲星団ウォッチング(著:浅田英夫)


(画像はhttp://www.chijinshokan.co.jp/より)

約200か所におよぶ、星雲・星団の名所を案内する大定番の本。そのうち29か所が双眼鏡で観察するのに適した星雲・星団として紹介されています。


Binoculars highlights(著:Gary Seronik)


(画像はhttps://garyseronik.com/より)

こちらは英語の本ですが、図版がメインなので、それを参考にして星を見るだけでも十分に楽しめます。双眼鏡で見て楽しめる星空の名所を、99か所紹介している、見ごたえのある内容です。