マルチコート(多層膜コート)

マルチコート(多層膜コート)

複数の膜により、複数の色の光の反射を防ぎます。一口にマルチコートと言っても、膜の数や種類の組み合わせによって像に与える影響は様々です。

一般的なマルチコートは3層で、緑色に反射します。高級なマルチコートになるほど、層は5層、7層と増えていき、反射色も様々に異なります。

ヒノデ6x21−S1で採用したマルチコートと、ヒノデ6x30−B2で採用しているマルチコートは、両者ともに、ハイクラスなマルチコートで、非常に高い透過率を実現していますが、実は、ちょっとコンセプトが異なります。

B2のマルチは、レンズやプリズムによってコートの質を変え、光学系全体でバランスをとるのに対し、S1の9層マルチは、全て同じ質のコートで、限界まで透過率を上げます。 どちらが優れているか、私達も正直、判断しかねます。二つの双眼鏡はそれぞれ異なる工場で生産されていますが、両者ともに、大手カメラメーカーのOEMを引き受ける、レベルの高い工場です。その工場に、今手に入る、最高のコーティングをお願いした結果、こうなりました。

関連記事
用語集「コーティング」
用語集「モノコート」
用語集「ルビーコート(IRコート)」
コラム「コーティングの仕組み」