商品名: ヒノデ8×42-D1(販売終了)

  • 商品名

  • 場面

お客様の声「ヒノデ8×42-D1」(自然観察・山歩き)1

お客様の声(神奈川県横浜市 S様)

本製品は8×42としてはとてもコンパクトで、重さも軽い部類です。他社の8×32と大きさを比較してみましたがほとんど変わりません。重さもわずかに85g重いだけです。ですから、実際に首からぶら下げて散策してみても感覚は変わりません。付属のストラップが幅広なので首への負担も少なく感じます。使用感は8×32をそのまま口径を大きくして、その分だけ性能が上がった感じがします。

実視界の広さは少し劣りますが、このあたりは双眼鏡全体の大きさと重さに関係してくるでしょうから目を瞑ることにします。全体のバランスを重視した御社の英断に感謝します。

鎌倉の広町緑地で使った時は曇りで本製品の良いテストになりました。木陰の中のガビチョウはもちろん良く見えました。常緑広葉樹の葉と葉が重なったところもよく分かりました。高い木の枝の上に止まっている小鳥(ヒガラ?)は半逆光でしたがクッキリ見えました。これらはコントラストが高いことの証でしょう。ミズキの実を食べまくっているタイワンリスを良く観察できたことも報告しておきましょう。

周辺部の収差が少ないため遠くの景色をパンしながら覗いても気持ちがいいです。色収差も抑えられていると思います。この時は3時間以上ずっと首から下げたままで使いましたがまったく負担は感じませんでした。広町緑地は部分的には急な勾配の所もありますが、そうした所でも首から下げたままで使っています。

日の出光学様はバードウオッチング等の自然観察に8×32T-1の方を推奨されていますが、8×42D-1だって十分コンパクトで、軽いとは言わないまでも重くはないと感じています。また、8倍という倍率を手持ちで使うためにはある程度の重さは必要だと思っています。私の場合は、使い心地の良さ、観る楽しさを優先して8×42D-1の方を選択しました。

スタッフより

リアルなご使用レビューをいただきありがとうございました。視界の広さに対してもご理解いただきありがとうございます。ご指摘の通り、無理に視界を広げるよりも、全体のバランスを優先しております。



お客様の声「ヒノデ8×42-D1」(天体観察)2

お客様の声(福島県いわき市 / K様)

こんにちは。日頃使っている同価格スペックの双眼鏡の中で最も出番が多くなっています。いずれもEDレンズの透明度は高く中心像は申し分なく良いと思います。

しかしこのクラスになると視野内収差とコーティング仕様により対象の見え方がまるで違います。 周辺収差は超高価フラッグシップモデルクラスは別として、コートティングは仕様如何で風景向き、星見向き色再現性が異なります。

そんな中、8×42-D1を紹介されて今に至りました。全く光害のないロケーションでご覧になるとわかりますが、天の川超微光星も色調が大変豊かに神々しい輝きに見えています。散光星雲はとても掴みよく映えているのが分かります。同スペック双眼鏡で見比べても歴然です。私の様に何台も費用をかけずに迷わずオススメできる逸品と言えます。

スタッフより

高い評価をいただきありがとうございます。星がきれいに見えることを目指した双眼鏡なので、このようなレビューをいただくと本当に嬉しいです。今後も良い製品を作れるよう、努力していきます!



お客様の声「ヒノデ8×42-D1」(天体観察)1

お客様の声(茨城県笠間市 /I様)

私は71歳になりますが中学生の頃から天体に興味をもち、お年玉でダウエルの30mm40倍の天体望遠鏡を手に入れ。月を初めて見てから、いまだに思いは残っています。

高橋のMT130を買い今でも所有していますが色々と忙しく天体などを忘れていたような状態です。双眼鏡も25歳前に30mm6倍の物を持っていましたがあるとき猫に落とされてヒンジの部分で折れてしまいそれでも片方で使っています。そういうわけで天体望遠鏡に携わっていた人たちが作っている物を信頼し選ばせて頂きました。

窒素封入やEDレンズなど、今の双眼鏡の性能は当時からは考えられないほどの進化していると感じています。長く使わせて頂きますまあ!長くても10年あるかどうかわからないけど、あとは孫が使うと思います。

スタッフより

 ヒノデのスタッフは、天体望遠鏡の開発、販売にも関わっております。D1は、天体用として性能の高い双眼鏡に仕上がっていると自負しております。長く使える製品でもありますので、お孫さんの代までご愛用いただけたらこれ以上の喜びはありません!