対物レンズ有効径(口径)

対物レンズ有効径(口径)

対物レンズの直径を「対物レンズ有効径」、もしくは「口径」と呼びます。手持ちで使う双眼鏡は15〜50mmくらいが一般的です。

関連ページ
・用語集「対物レンズ」

>>戻る