双眼鏡のダハ

ダハ

ダハ式双眼鏡は、ポロ双眼鏡とは、プリズムそのものの形状が異なっており、下のような感じです。

対物レンズと接眼レンズが一直線上に配置されるため、全体をコンパクトにすることが可能です。しかし、ポロよりもプリズム内部での反射が複雑なため、同じくらい見えるようにするには倍近いコストがかかります。ダハの場合もレンズの枚数は製品によって異なります。プリズムは、ダハプリズムと補助プリズムで構成されています。

ダハプリズムは、ルーフプリズムとも呼ばれます。「ダハ」も「ルーフ」日本語に訳すと屋根という意味です。発案者の名前を取ってシュミットプリズムとも呼ばれています。

補助プリズムはぺシャンプリズムとも呼ばれます。二つあわせてシュミット−ぺシャン式ともよばれます。ダハ双眼鏡にはシュミット−ぺシャン式のほかにもバリエーションがありますが、ほとんどはこのかたちです。

ダハプリズムについて詳しく知りたい方は、コラム「ダハとポロを比べてみたら」をごらんください。

用語集「双眼鏡の型」
用語集「ポロ」
用語集「ミニポロ」

コラム「ダハとポロを比べてみたら」