6x30-B2 ヒノデ双眼鏡

双眼鏡 ヒノデ 6x30-B2

 

価格

23,800円(税込25,704)(送料・手数料無料) 

販売終了です。

       ナチュラル          ブラック           レンガレッド      

・ご注文の方は、「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。

 

・オプション/ご希望の方は上の「かごに入れる」ボタンをクリックする前に、
下の □(チェックボックス)をクリック!

ツルカメRA(つるかめら) +3,980円 詳しくはこちらで。

 

返品・保証について

一ヶ月間、いかなる理由でも返品を受け付けます。(詳しくは保証、返品、交換、修理をごらんください。)商品には全て自信がありますが、とりあえず一度手にしてみて、お気に召さなければご返品していただいてかまいません。その場合は、即時返金いたします。

三年間、通常使用の範囲内で故障した場合、無償で修理いたします。

・傷やゴミ、光学系の品質など、日の出光学の考える双眼鏡の品質についてはこちらをごらんください。

詳細

対物レンズ有効径 : 30mm
倍率 : 6倍
実視界 : 8.4度
アイレリーフ : 20mm
明るさ : 25
レンズ、プリズムのコーティング: 全面マルチコート撥水・撥油コート
最低合焦距離 : 3m
・重さ : 482g
・サイズ : 横 161mm × 縦 105mm × 厚さ 51mm(ページ下方に写真あり)
プリズム : Bak4
・カラー : ナチュラル、ブラック、レンガレッド
・生産国 : 中国
眼幅調整範囲 : 50〜70mm
・防水性能 : 深さ3mの水中で、3分間 (窒素充填防水)
・付属品:ソフトケース、対物キャップ、接眼キャップ、ストラップ(いずれも、ページ下方に写真あり)
・三脚取り付け用のネジ穴 : なし

※他の商品と比較するのに便利なスペック表はこちらをごらんください。

幅広い用途にお使いいただけます。

明るく、シャープな見え味は、同価格帯の双眼鏡との比べて、群を抜いています。また、防水なので、アウトドアでの使用も安心です。作りも頑丈なので、長くお使いいただけます。

景色を眺めたり、鳥や植物を観察したり、コンサートやスポーツ観戦にも良いでしょう。視野が明るいので、天体観望にもおすすめです。482gと軽量なので、使うときにはそれほど重さを感じません。男女を問わず、快適にお使いいただけます。

ソフトケースに入れた状態で、500mlのペットボトル一本よりちょっと軽いくらいの重さです。これを不便と感じる場合は、30mm以上の本格的な双眼鏡を使用するのはあきらめてください。20mm台のコンパクトな双眼鏡(A4N1S1など)を手軽にお使いになることをお勧めします。

抜群の解像度を誇る、本格的な双眼鏡

口径30mmという大きさは、軍隊などでも使われる本格的なサイズです。当然、ヒノデ5x20−A4のような、20mm台の双眼鏡と比べれば重くなりますが、その分明るく、解像度も上がります。もちろん、口径が大きければ必ず明るくなり、解像度が上がるというわけではありません。高品質のレンズ、プリズムや、優れたコーティングが必要になります。

その点、このヒノデ6x30−B2は、全てのレンズ、プリズムにマルチコートを施しています。マルチコートということだけであれば、特に目新しい仕様ではありませんが、B2では、7〜9層のハイクラスなマルチコートを採用しております。

B2で採用したマルチコートは、レンズやプリズムの全ての面に7〜9層のそれぞれ異なる特性のコーティングを施す、特殊なコーティングです。それぞれの面のコーティングは、光学系全体でベストのカラーバランスになるよう、計算されています。ですから、レンズに反射される光の色は、面によって異なります。

このコーティングは、20万円を超える高級双眼鏡に使用されているものと同等で、ポロ双眼鏡として、対物レンズ、プリズム、接眼レンズの全ての反射面にこのコーティングを施すのは、世界で初めてといっていいかもしれません。

さらに、対物レンズと接眼レンズの外気に触れる面に、撥水・撥油コートを採用。油性ペンをもはじく強力なコーティングで、皮脂や水からレンズを守るだけでなく、万が一汚れた場合も簡単に汚れを拭き取ることができます。

もちろん、レンズの材質はすべてガラスで、プラスチックレンズ(詳しくはコラム「樹脂レンズについて」)は使っておりません。プリズムはBak4という高性能なガラスを使っています。

倍率を6倍でおさえ、口径が30mmあり、コーティングや、レンズ・プリズムの材質で手を抜かないという、当たり前のことを積み重ねた結果、驚くほどに解像度が高く、明るい双眼鏡ができました。この見え味は、双眼鏡マニアの方々も驚くほどです。

非常に軽量で使いやすい30mmの防水ポロ

この双眼鏡のすばらしい点は、見え味だけではありません。ヒノデ6x30−B2は、ポロ双眼鏡です。口径30mmのポロ双眼鏡は500g前後の重さで作れるため、昔から人気がありました。しかし、防水にしようとするとどうしても重くなってしまいます。

ヒノデ6x30−B2は、プリズムを収めるボディの形状と、組立方法を工夫して、482gと軽量ながら防水性能を備えることに成功しました。

また、ラバーコートのボディは握りやすく、冷たさを感じることもありません。目当ても、現代的で耐久性のあるスライドアップ式です。

可動部分の使用感にもこだわりました。通常、双眼鏡には、ピントノブ、視度調整ノブ、眼幅調整という、3つの可動部があります。それらがよりスムーズに動くよう、通常この価格帯の双眼鏡に使用されるものより、グレードの高いグリースを採用しました。各可動部は、下記のように調整されております。

・視度調整 : ずれにくいよう、少し重めに。しかし、女性の力でも動かせるように調整しました。
・眼幅調整 : ボディの片側だけを持ったときに、もう片側が下がってこない程度の重さを保ちつつ、重くなりすぎないように調整しました。
・ピント調整 : 防水性能を保つため、ポロ双眼鏡のピント調整は、やや重めになりがちですが、ストレスなく、スムーズに動くように、調整しました。

また、2種類のグリースを配合することで夏場の気温の高い条件から、冬場の天体観測など、気温の低い条件まで、広く対応しております。

ヒノデ6x30−B2は、見え味だけでなく、使い勝手を追求した快適な双眼鏡です。

6倍30mmというバランスの取れたスペック

20mm台までの双眼鏡と違い、30mm以上の双眼鏡は、制約が少ないため、用途に応じて、性能や見え味を十分に発揮できるように設計することが可能です。

30〜50mmの双眼鏡には、6x30のほかにも、8x328x4010x407x5010x50などなど、様々な口径と倍率の組み合わせが作られています。それぞれに得意分野は異なり、どれが一番使いやすいか、どれが一番優れているか、一概にきめることは困難です。

その中で、最初に手にする本格的双眼鏡として、ヒノデは6x30をおすすめします。理由はバランスの良さにあります。これについては、説明が長くなるので、「双眼鏡の倍率・口径と使い道について」というコラムを書いてみました。そちらをごらんください。様々な口径と倍率の組み合わせが、どんな用途に便利なのかもご理解いただけると思います。

女性やお子様にも優しい設計です。

アイレリーフが長いので、接眼レンズから離れた位置から覗くことができます。目当てをたためばメガネの上からでも使えます。また、目を双眼鏡にくっつけなくてすむので、目の周りやまつ毛のお化粧落ちを気にせずにお使いになれます。女性にはうれしい性能でしょう。

また、目幅をかなり狭くすることができるので、顔の小さい女性や、お子様でも問題なくお使いになれます。逆に、目幅の大きな方でも対応できるように、かなり広くすることもできます。この調整幅の大きさも、この双眼鏡の大きなメリットです。

紹介されました。 (前モデルも含みます)

読売新聞(全国版)家庭欄の特集記事に、ヒノデ6x30が掲載されました!天体望遠鏡などとならび、天体観察に適した双眼鏡として紹介されています。


WEBショップ『双眼鏡倶楽部』で、ヒノデ6x30−B2の取り扱いがスタートしました。饒田店長の人柄がにじみ出た、詳しい商品説明が特徴です。特に、お客様にインタビューのコーナーは必見です!

双眼鏡倶楽部 トップ
双眼鏡倶楽部 『お客様にインタビュー』


天文業界では、飛ぶ鳥を落とす勢いの天体望遠鏡専門店「スコープタウン」さんの掲示板で紹介していただきました。

星と望遠鏡の掲示板 (該当部分)
星と望遠鏡の掲示板 (トップページ)


ペンション「スターパーティー」の名物オーナー、木村さんのブログに取りあげていただきました。

スタパオーナー八ヶ岳日記 日の出光学 6×30
スタパオーナー八ヶ岳日記 日の出光学(その2)
スタパオーナー八ヶ岳日記 日の出光学


お客様のホームページでご紹介いただきました。読みやすい文章で、6x30−B2が紹介されています。

混沌の間 ヒノデ 6x30-B2について


お客様のホームページでご紹介いただきました。非常にマニアックな記事で、6x30−B1(B2の前モデル)の特徴がわかりやすく説明されています。

(^・^)の保管庫 双眼鏡 ヒノデ・6x30−B2


地元を愛する鍼灸師さんが、近所で見られる美しい野鳥を写真とともに紹介されているホームページ。その記事中でヒノデの双眼鏡をご紹介いただきました。

身心一如 野鳥観察と双眼鏡について

お客様の声 (前モデルも含みます)

軍用の6×30、ヒノデの全モデル6×30−B1、と新しい6×30−B2を見比べました。 私の結論から言えば、視野のクリアさ、色の再現は日の出B2が1番良く、B1と比べると薄い膜を取った様な感じで見やすさもさらに見やすく接眼部の見口高さ調整量が少し多くなった様な気が します。

軍用の6×30は、以前から感じていましたがB1と比べると倍率がわずかに低く瞳径もB1と比べるとわずかに大きい様に感じます。昼間見ると感じませんが、夜空を見ると見かけ視界周辺に減光を感じます。B1とB2は夜空を見ても周辺減光は、全く感じません。

この3台の双眼鏡を、全く知識の無い方数人に説明無しで見比べてもらいましたがやはり1番良く見えるのは、B2との評価でした。双眼鏡の知識の無い生産国など先入観を持たない正直な意見は貴重だと思います。総合的評価で日の出6×30は販売価格を考えればこのクラスの双眼鏡最高の品質だと思います。 (茨城県日立市/H様)

スタッフより:詳細なレビューありがとうございます。目当ての高さが変わったことに、よく気づかれましたね。2m弱の微妙な調整ですが、これでずいぶん見やすくなるようです。ただ、顔の形は色々なので、以前の高さが良いという方もカバーできるように、段階調整式になりました。


初めまして。兵庫県神戸市のFです。3ヶ月ほど前、貴社の双眼鏡6x30-B2を購入させていただきました。双眼鏡については、6倍の30mmの使いやすさに感心し楽しく使っており満足しています。 本体についてではないのですが、少し気になることがありますのでお知らせいたします。

@付属の首かけ用ストラップについて  私には、付属のストラップが貧弱に見えましたので、市販のものを購入して付け替えました。

A付属のソフトケースについて  ソフトケースに入れているうちに双眼鏡が少し汚れてしまいました。

6x30-B2のボディはナチュラルで薄い色です。ケースの裏地は全面ウレタン製で、少しですが裏地の黒い汚れがボディについたと考えられます。何箇所もあります。あるところには網目状に黒くなったところもあります。前の製品は黒のボディだったのでわからなかったのかもしれませんが、B2は明るい色なので気になります。 (兵庫県神戸市/F様)

スタッフより:ストラップについては、賛否の声がございます。 確かに少し貧弱かもしれません。今後の参考にいたします。

さて、ケースについてですが、貴重な情報をありがとうございます。色移りがあるというのは、はじめてご報告いただきました。わずか3ヶ月の間に色移りがあったとなると、これは深刻です。早速、工場に情報を打ち上げたいと思います。お手元のケースについては、すぐにこちらで対応することができず恐縮ですが、ご容赦ください。 いずれ何らかの仕様変更で対処いたします。

(追記)ケースは2012年9月頃より仕様を変更し、よりクッション性があり、丈夫なものに変わりました。その後、色移りについてのご意見はございません。


1週間前に6×30が届き使ってます。これまでは古い8-30×40ズーム型を使ってましたがカビやガタが来て壊れてしまった。新たに購入を考えていたが地方住在で店頭で商品を見る機会もなく決めかねていました。ネットで日の出光学さんの「双眼鏡の選び方」を読み、易しく丁寧な説明ではじめて納得したおもいです。手厚いアフタケアもあり御社品を選びました。

前日に注文して翌日の朝9時には届き待つ楽しさも一晩でした。早速外で覗いてみたが、かつてのものとは使い易さも画像も別世界でした。海辺の鳥や沖の貨物船、遠くの山並など明るくくっきりした画面に大満足です。これからドライブや旅行に活躍すると思います。毎日の散歩用にはやや大き過ぎる感じもありますが、じっくり見る目的にはぴったりで家族も楽しんでます。今度は、6×21-S1を散歩や趣味の登山用になどとも考えています。(福島県いわき市/S様)

スタッフより:恐らく、8-30×40ズームとの差は、かなりのものだったと想像できます。これからも単倍、低倍のよさを伝えて行こうと思います。頑張ってHPの説明を書いた甲斐があったなあと思いました。丁寧に説明すれば、必ずお客様に伝わると信じて作っております。アフターサービスも、手厚くしておりますので、今後も、色々と双眼鏡を楽しんでみてください。


先日、6x30の交換をしていただいた(させてしまった)Fともうしま す。その節はお世話をおかけしました。

今日は6x30を持って川沿いを歩く探鳥会(地元の野鳥の会)に初参加してきました。 ずっと首から下げて歩きましたが、重さに疲れれるということもなく、使いやすさ (すぐに鳥を捕らえることができること)も満足できるものでした。

まったく初対面の方ばかりのなかでしたが、そこは、大阪のおばちゃんですから、他 の方の双眼鏡も見せて見せてと覗かせていただくこともでき、6x30との比較もできました。 カメラメーカーの8×42を持っておられた方が、6x30のほうが軽くてしかも自分のと変わらない見え味に驚いておられました。別の、一見マニアックな感じの男性の方からは、見なれない双眼鏡に興味をそそられ たのか、すぐに声を掛けられ見てもらったところ、やはりよく見えるのに驚かれ、いったいいくらしたのか?と、いきなり聞かれてしまいました。さっそくホームページを 見てみるそうです。そのときの私、ちょっと自慢げだったかもしれません。

その後は、はじめての参加なのにカワセミや、マガモを自分の目でいろいろ見ることができ、感動の一日でした。 ところがそこでまた今日、6x30の接眼鏡に油が跳ねたような白い斑点ができているのに気付き見ていましたら、それはレンズについた汚れからなるものだから、拭けばき れいになるとベテランの方に教えていただき、そのようにしたら、ほんとうに綺麗になりましたのでビックリ!初めてのピカピカの双眼鏡のレンズですので、おいそれと触れなかった部分もあったのですが、今考えれば、先に取り替えていただいた件も、 同じことだったのかと思いあたったのです。自分にはレンズの内側からのように見えていましたが、そうではなく、外側の汚れだったようです。そんなアホな問いかけに、新品を送らせたりしたのかな、と反省しております。有難い気持ちと申し訳ないきもちでいっぱいになり、メールさせていただきました。

ただ、私のようなシロウトさんが他にもいらしたらまた同じことをするかも知れませ んので、できたら白い斑点の汚れの感じなどの写真をのせ、取りあえず手入れをすすめるだけで問題解決の場合もあると思うので、お手入れのページなどつくって頂けたらなと、差し出がましいことを思った次第です。イロハのイも分からぬものが、ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。とにかく、今日は遠方での双眼鏡デビュー大成功で、本当に楽しい一日を送らせてい ただきました。ありがとうございました! イケイケゴーゴーの55才、大阪のおばちゃんでした。(大阪府河内長野市/F様)

スタッフより:探鳥会、お楽しみいただけたようで、良かったです。 カワセミは身近に見られる鳥ですが、本当にきれいですよね。初めて双眼鏡で見たときに、感動したのを思い出しました。じっと見続けていると、捕食シーンなども見られるかもしれません。

Fさんのように、コミュニケーションが上手な方に持っていただくのは、 それだけで価値があることです。恐らく、双眼鏡そのものだけでなく、サービスについても、周囲の方々に話していただいたのでは? 私どもとしては、それで十分なのです。 申し訳なく思っていただく必要は、まったくございません。また、この感想を見て、日の出の双眼鏡をお買い上げになる方もいらっしゃるでしょう。 めぐりめぐって、日の出光学は多くのお客様に支えられているのです。ですから、交換の手間など、それほど大きなものではないのですよ。 ・・・とはいえ、確かに、お手入れのページは確かに作ったほうがよさそうですね。色々と検討してみたいと思います。


こんばんは昨日6X30を購入せせて頂きました神戸のIです しばらく使って見た上での感想と希望を記させてもらいます。

昨年冬に奥飛騨温泉で見た星空に感動し30年振りに天文熱が蘇りました。他社の7X32と、25X100を使い分けながら星空を見ていましたがメガネでは7X32はかなり視野がケラレ見えにくくメガネを外すと乱視がきつい為ピントを合わせてもスッキリ見えないため、日の出光学さんの存在を知り6X30に惹かれながらも購入するか悩んでいました所、ホームページにてモデルチェンジの予告が!

メールに て詳しい変更点など確認させて頂いた上での購入と成りました。使って見た上での感想ですが。ピントリングはスムーズに回せます軽過ぎず重すぎず調度良いですね。視度調整リングは固めでした、私としてはもう少し軽めが良いかなと思います。アイレリーフは十分に有り非常に観易く、覗いていてストレスを感じる事はありません。

感心したのはプリズム部上部に付いているシボの付いた薄い出っ張りで、私の手のサイズゆえかもしれませんが(手が小さいです)ここの角に中指と人差し指を掛ける様に持つと、手に無駄な力が入らず手ぶれが押さえられます、これは片手持ちにも効きます。

次に実際に覗いた感想ですが、あかるく艶がある見え方とゆうか色が濃く見える感じで、夜間に車のライトやコンビニの看板を見比べてた時はフレアやゴーストの出方がかなり押さえられており観やすいです。レンズのコーティングの質を実感しました。

正直に言いまして30ミリの双眼鏡に23000円は私としては冒険でしたが、買って正解でした。星野観望用が目的で購入しましたが今はこの双眼鏡で色々と観るのが楽しくてしょうがないです(雨に濡れたアスファルトに写る青信号の光なんか溜息が出る位綺麗です)。改めてポロ6X30とゆうサイズと倍率、素晴らしいコーティング、まじめな作りこみ、これらが組み合わさったらこんなにも使い易く、綺麗に観える双眼鏡に成るのですね、こんな双眼鏡を23000円で出してくれた日の出光学さんに本当に感謝感謝の気持ちでいっぱいです。

追伸 2月発売の6X21−S1も6x30のこの作りから、良い双眼鏡だと確信しましたので発売されましたらすぐに購入したいと思います。(兵庫県神戸市/I様)

スタッフより:奥飛騨、良いところですよね!星もきれいだったんでしょうね。詳しいレビューありがとうございます。ピントリングはズレにくさを基本に考えておりますので、やや固めに設定しています。この辺も好みが別れるんですね。

このお値段でも、徹底してクオリティーを追及し、サービスを良くして、この6x30という素材を限界まで高めてゆければ、きっとお客様にもご納得していただけると思っておりました。ご満足いただけたとのメッセージをいただき、本当に心強い思いです。 こちらこそ、感謝の気持ちでいっぱいです。今後も、性能、クオリティー、サービスという全ての面で、高いものを追求したいと思います。


昨年の3月に日の出光学さんより6×30を購入しました。ハイキング等に必ず持って行きます。 扱いやすくスカッとした見え方で驚きです。良いですね満足しています。購入する前に他社の7×50、9×30(ダハ) を所持していますが、9×30の倍率が高く調整に苦労していましたところ、 インターネットで日の出光学さんを知り購入しました。これからも良い製品を、お願い致します。(神奈川県中郡大磯町/K様)

スタッフより:ご感想、ありがとうございました! 低倍の使いやすさ、軽い双眼鏡の楽しさをご体感いただいているようで何よりです。


双眼鏡は初心者ながら先に6x21が手に馴染んできたところでしたので、6x30の操作もそれほど戸惑うことなくたった一日で手に馴染んでしまいました。小さな6x21は散歩用 に(犬2匹と一緒なもので)、6x30のほうはじっくり時間をかけるバードウォッチング に使わせていただきます。

鳥見が目的でしたが、届いて一番はやっぱり月を見たくなりました。こんなに見えて は見入ってしまいますね(笑)。鳥については、身近なところにこんなに多くの種類 がいたのか?と言うくらい発見の日々です。解像度がよく色目もよくわかり図鑑での 照合もバッチリ。

友人の持つ8×30のドイツ製双眼鏡をよく覗かせてもらっていましたが、ほんとうによく見えますので、今は羨ましく思う気持ちもまったく無くなりました。倍率の低いことも気にならない(手許に来るまではそう思っていませんでしたが)のが嬉しいですね。

双眼鏡が欲しいと思いたってから半年もかかったけれど、ヒノデさんのホー ムページでじっくり勉強させていただいて、思いきって注文させていただき本当によかったです。楽しくて、部屋の中にいても鳥の声が聞こえるたびに飛び出すご機嫌な 毎日です。

これはもう宝物ですから2機とも大切に長く使いたいと思います。 本当に良い製品(作品?)です。ありがとうございました。今後の御社のご繁栄をお 祈りいたします。(大阪府河内長野市/F様)

スタッフより:本当にうれしいご感想で、この仕事をやってて良かったなあ、と思いました。 「宝物」なんて、これ以上のほめ言葉、ありません。双眼鏡は、今までの視点を、ちょっとだけ変えることができる道具です。 今まで普通に楽しんでいたものを、双眼鏡を通してみることで、 新しい発見があったりします。好奇心のままに、色々なものを見てみてくださいね!


この1カ月で御社製品の注文は3台目です。以前注文した5x20,この6x30いずれも素晴らしく、これをきっかけにすっかり双眼鏡狂いが始まってしまいました(この1カ月で合計5台購入してしまいました)。(千葉県柏市/N様)

スタッフより:双眼病にかかってしまわれたようですね。仲間が増えてうれしいです(笑)。双眼鏡の魅力に一度取り付かれると、なかなかそこから抜け出せません。もう、楽しくて楽しくて!恐らく5台で終わることはなく、まだまだ続くんじゃないかと思います。

その他にもレビューが多数あります、つづきはこちらをクリック

生産国について

生産国は中国です。現在、定価3万円以下の双眼鏡で、日本製というものは非常に少なくなりました。日本製でないことがご心配な方は、コラム「生産国と表示」をごらんください。

写真でみる、ヒノデ6x30−B2


↑ナチュラル


↑ブラック


↑レッド


↑サイズです。重さは482g。


↑他機種とのサイズ比較です。


↑高さ12cm、横幅15cmで、ポロとしてはとてもコンパクトです。左側のCDと比べると大きさがわかりやすいでしょうか。ボディは軽量さを重視したため、樹脂製です。力のかかるブリッジ部分や合焦機構には金属を使用しているので、耐久性は十分です。

手
↑大人の男性が持つとこんな感じです。軽くて、握りやすいボディです。


↑接眼レンズはフラットマルチコート。7〜9層の膜で、光学系一枚一枚に異なる特性のコートをすることで、光学系全体として、偏りのない色表現を実現しています。そのため、反射光は、反射面により、様々に異なる色となります。


↑対物レンズも同様にフラットマルチコート。接眼、プリズムをあわせた光学系全体でカラーバランスをとっています。


↑透過率は広範囲にわたって95%以上を確保しました。10万円以下の双眼鏡としては異例の数値といえます。


↑瞳径は美しい真円です。


↑ボディはラバーコート。冷たくなりにくく、握りやすいボディです。


↑軸や、ピントを合わせるさいに稼動するブリッジ部分は金属製で耐久性が高く、ピントノブはラバーコートしてあり、滑りにくいデザインです。


↑指でつまんで回転させると伸びて、右のような状態になる、ツイストアップと呼ばれるタイプの目当てです。左側が縮んでいる状態です。


視度調整リングです。


↑横から。


↑昇る太陽とレンズをあしらったHINODEのロゴ。


↑付属の首かけ用ストラップは、ネオプレーンというウェットスーツなどに使われる柔らかい、クッション性のある素材を採用しました。


↑付属の接眼レンズキャップは、柔らかく、フィット感が良いです。


↑このようにキャップ左側の穴にストラップを通せば、紛失しにくいです。


↑右側は穴にスリットが入っていますので、首から提げるときはストラップに引っ掛けるとキャップがはずれにくいです。使うときははずしてしまえば邪魔になることがありません。


↑今回のモデルから、対物レンズキャップは、はずしたときにも、ボディにぶら下がるタイプになりました。

キャップだけの販売もしております。失くした場合や、前のモデルをお持ちで、このキャップがほしい方は、お問い合わせください。


↑対物レンズキャップを締めると、そこにはヒノデロゴが。


↑しっかりしたソフトケースが付属。裏地はクッション性があります。


↑ふたを閉めるとこんな感じで収まりも良いです。ケース自体にストラップはなく、双眼鏡のストラップをそのまま外に出して使うことができます。


↑もちろん、ストラップを中にしまいこむこともできます。ケースにもロゴマークを入れてみました。


↑化粧箱は日の出光学のお客様でもある、グラフィックデザイナー羽鳥賢一氏(ホームページはこちら)によるデザインです。

商品企画ストーリー

私たちにとって、30mmの双眼鏡を販売することは悲願でした。スタッフの一人は、8x30の双眼鏡を長い間、メインの双眼鏡として大事に使っていました。

「やっぱりメインは30mmですよね。本格的な見え味、明るさが楽しめるし、大きさや重さにしてもまあ、それほど辛くないですし。」

「そうだね。バランスがいいよね。ぜひともヒノデのラインナップに欲しいよなあ。」

そんなわけで、ヒノデをはじめるにあたって、最初に探したのが30mmの双眼鏡でした。はじめは8倍を探していたのですが、工場をめぐるなかで、6x30双眼鏡に出会いました。

5x20−A4の商品企画ストーリーにも書きましたが、6倍双眼鏡のファンはマニアに多く、特に人気があるのは日本の工場で作られた軍用のポロ双眼鏡です。

その6倍も、軍用双眼鏡でした。この6x30というスペックは、軍用としてはメジャーなもので、国内外の様々な工場でつくられています。明るさも、解像度も高く、何しろよく見えます。私たちは、こんな話し合いをしました。

「6倍がこんなに見えるとは・・・」

「確かに良い見え味ですね、これ。さすが軍用って感じですね。」

「まあ、戦争に使うんだから、性能が低くては命に関わるもんなあ。」

このころから、私達は30mmの双眼鏡にとって理想の倍率は6倍なのではないか、と思い始めました。しかし、軍用の双眼鏡には欠点もありました。

「これ、独立焦点なんですよね・・・」

ピントあわせの仕組みが、独立焦点式といわれるものなのです。通常の双眼鏡は真ん中のピントノブひとつでピントを合わせられますが、独立焦点の場合は、ピントあわせを左右別々にしなくてはなりません。

「マニアの人はまあ、あんまり苦にならないって言う人もいるけどさ、普通の人にはちょっと難しいよなあ。」

「そうですよね。正直僕はちょっと使いにくいと思いました。独立焦点は構造が単純だから、水や衝撃には強いんですけどね。」

「まあ確かに軍用だから、強さは重要だよね。これ、ずっしり重いし、マイナス40度からプラス40度まで耐えられるんだって。」

「凄いですね。でも、僕ら戦争に使うわけじゃないですからね。そこまでの強さは必要ないから、もうちょっと軽くて、使いやすいものがほしいですよ。」


それから私たちは、軽くて使いやすい6x30を作ってくれる工場を探しはじめましたが、なかなか見つかりません。探し疲れた頃、ある工場にたどり着きました。

その工場は、日本国内では最大級の双眼鏡OEMメーカーです。大手カメラメーカーをはじめとして、数多くのOEMを引き受け、10万円を超えるような製品も生産している、非常に技術力の高いOEM工場です。

「6x30のポロが欲しいんです。光学設計は昔からある軍用と同じか、それよりアイレリーフが長ければ文句ないんですが・・・」

「あることはあるんだけど・・・事情があってすぐには作れないんだ。」

そう言って私達に、試作を見せてくれました。それは、理想的なものでした。見え味、重量、強度、品質、どれをとっても理想的な双眼鏡でした。しかもその軽さ、コンパクトさで、防水性能があります。

「これ凄いですね!」

「そうでしょう。本格的なスペックで、よく見える双眼鏡を、できるだけ軽く作りたかったんだ。強さが必要なところには金属を、不要なところには、強度の高いプラスチックを使って軽量化し、シリコンで防水をする。私が作りたくて作った双眼鏡なんだよ。」

私達が考えた結論に、遥かに早くたどり着き、すでに形にしてしまった人がいることに驚きました。

「是非、うちでやらせていただけませんか!」

「もうちょっとだけ待って欲しい。必ず作れるようにするから・・・」


待つこと一年。やっと社長から連絡がありました。

「準備が整ったから、どんな双眼鏡にするか話を詰めよう!」

「わかりました。多少コストがかかってもクオリティーを優先して欲しいんです。他のブランドでは出せないような、面白いものにしたいので。」

「なるほど。それなら、世界一繊細な日本のユーザーが、納得できるようなクオリティーで作るよ。うちの底力を見て欲しい。」

そして、ヒノデ向けに再度作られた試作品は、すばらしい仕上がりでした。やはり、凄い工場なんだ、と改めて感じました。手直しの必要はなく、そのまま製品化されました。そして、ボディには念願のヒノデロゴが入り、販売開始されました。

軽くてよく見える6x30のポロ双眼鏡は、私たちが、ユーザーとして最も欲しかった双眼鏡でした。そして、今では最も頻繁に使う双眼鏡になっています。


その後も、話し合いの機会のたびに、お客様の声を工場に伝え、小さな改良を加えていきました。技術的な部分では、工場側からも様々な提案があります。B1からB2へのモデルチェンジの際には、コーティングとグリースが大幅に変更されました。

「このコーティングを2万円台のポロにするなんて、常識では考えられないけどなあ。」

「いや、でもお客様はきっとこれを求めてるはずです。」

「しかもこれ、かなり手間がかかるよ。中国には機械がないから、レンズとプリズムだけ日本に一度持ってきて、コーティングして、中国に戻さないと。コストもかかるよ。」

「価格が多少高くなっても、お客様には納得していただけると思います。オンリーワンの双眼鏡を極めたいんです。」

「なるほど、わかった。面白そうだからやってみよう。」

こうして、フラットマルチと呼ばれる最新のコーティングが施されることになりました。グリースに関しても、少しでも良いものをということで選定してもらいました。

こうして出来上がったのがB2です。ヒノデが考える、30mmの理想形と自負しています。双眼鏡初心者の方には使いやすく、双眼鏡好きの方には、きっと、「なるほど」と感じでいただける仕上がりになったと思います。シャープな視野と、どこにでも連れて行きたくなる手軽さを、是非、お試しください。