お客様の声(5x20-A1)

お客様の声(アーチェリー、山スキー、釣り)

5X20お奨めいただいて有り難うございます。 今日は、山の中少し曇っていましたが、 50m先の的は明るくはっきりと、見る事が出来ました。 軽くて、これからも重宝させていただきます。 仲間にも勧めておきます。(京都府京都市/S様)

スタッフより:アーチェリーでご使用とのこと、購入前から相談を受けていたのですが、ヒノデスタッフにはアーチェリー経験者がいないので、多少不安でした。ちゃんと使えたようで、本当に良かったです。アーチェリーについては、他の方からも、ご感想を頂いております。以下をごらんください。


ご無沙汰しています。ヒノデ8x42と5x20ユーザーのWです。先日、フィールドアーチェリーで A1を使ってみました。 感想ですが、残念ながらA1の5倍は、フィールドアーチェリーにはちょっと物足りないです。最長で60メートルで、矢がどこに刺さっているか見ますが、5倍だとまだまだ 小さく見えるため8倍もしくはそれ以上必要だと思われます。

ただ、フィールドアーチェリーって、持ち歩くものが多いため、C2はでかすぎます。 また、昼間のみで夜は関係ないです。 ですので、8〜12倍×20ミリくらいのコンパクトな双眼鏡がベターでしょう。もちろん 防水で。なんか本来使えないはずのスペックがいいというのはヘンな話ですが、アーチェリー に使う場合、どこに刺さっているかが間違いなくわかればいいだけで、きれいに 見える必要はありません。色かぶりしていても問題ないくらいです。 また高倍率は手ぶれがひどいですが、アーチェリーをやる方って、しっかり構えて ホールドするのは慣れているので、12倍でも問題ないようです。 (その割に双眼鏡に無頓着な方ばかりです...) さらに思ったのが、被写界深度。的までの距離が変わるので、その都度合わせる のは面倒です。細かくピント合わせをする必要がないほうがいいと感じました。 A1は、ピントを合わすとそこが浮き出て綺麗に見えますが、アーチェリーに 限っていえば、面倒です。

とまあ、意外な結果で自分自身も驚いています。私としてもいまさらそんな暗くて 高倍率な双眼鏡買いたくないです(笑)。 まあ、フィールドアーチェリーは特殊なジャンルっていうことでしょうね。もっと厳しい 条件で綺麗に見る必要がある時こそ、御社の双眼鏡は活きるかと思います。(神奈川県川崎市/W様)

なるほど。こういうこともあるんですねえ! 大変勉強になりました。フィールドアーチェリーとは、的の色や距離など、色々と異なる部分があるのかもしれません。 実際あまりお役に立てていないようですが、温かいご感想を頂きましてありがとうございます。


昔、大学の天文同好会で流星の三点観測を野辺山高原でやったりしました。現在は山岳会に所属しており夏場は沢登り冬場は山スキーとアウトドア派です。最近は、そのおともに5x20を持参し夜空や滝の岩場のルートファインディング・山頂からの展望と活用させてもらっています。友人の娘に見せたら、コンサートにもいいねと言っていました。(千葉県佐倉市/H様)

スタッフより:かなり積極的にご活用されてますね。双眼鏡を使う楽しみを良くご存知なんでしょうね。山からコンサートまで幅広く、双眼鏡楽しみを知っていただけるように、今後もがんばります!


双眼鏡にはずぶの素人であった私が、御社のHPを拝見させていただき、カルチャーショックを受けてからそろそろ1年くらいでしょうか。
入手して以降、随分遊びの幅が増えました。 よく9歳になる息子と海へボート釣りに行きます。(これもまた素人)その際、どこのポイントがよいか決めるのに周辺のボートをチェックするのですが、ここで役立つのが双眼鏡です。
『あっ、あっちのボートで白キス、あっちでカレイ!!』などなど大活躍しています。 お陰で釣果も上々、ボート釣りの楽しみがとても増えました。(神奈川県横浜市/S様)

スタッフより:釣りで双眼鏡使うとは新鮮ですね!息子さんとはしゃいでいる様子が眼に浮かぶようです。双眼鏡にはまだまだ思わぬ使い道があるようですね。