100倍ズームと双眼鏡売り場の流行

100倍ズームと双眼鏡売り場の流行

コラム「双眼鏡選びの基本」でもふれましたが、高倍率の双眼鏡はどの分野からも求められていません。それなのにあちこちで見かけるのはなぜでしょう?

例えば、新聞の通販、ホームセンターやネットオークション・・・手のひらサイズの100倍ズーム双眼鏡とか、見かけたことありませんか?

残念ながら、あれはまともな双眼鏡ではありません。

ズームを100倍に合わせたときの視野は狭く真っ暗で、ほとんど何も見えません。一番低倍である20倍に合わせても、かなり暗く、見づらい感じです。

興味がある方は検索エンジンで、「買ってはいけない双眼鏡」で検索してみてください。高倍率ズーム双眼鏡を批判するサイトが続々出てくるはずです。

では、なぜそんなおかしな物が普通に売られるようになったんでしょうか。

新聞の通販や、ホームセンターなどでは商品説明を十分にするスペースがありません。販売員もそれほど双眼鏡に詳しくありません。

お客様は「高倍率=高性能」と思っているので、高倍率の商品を選びます。8倍と20倍なら、20倍のほうが売れるわけです。その動きがやがて、売り場の流行となります。

「この流行に乗らなくては。」

売り手は、製造元に倍率が高い商品を求めるようになりました。製造元は、性能が悪化することを知りながら、どんどん倍率を上げました。そしてついに、双眼鏡の倍率は100倍に達してしまったのです。通常、手持ちで使える限界と考えられている倍率は10倍ですから、驚くべき数字ですね。

また、「ズーム」という言葉も耳ざわりがよく、入門者はつい飛びつきたくなるようです。カメラの世界ではズームレンズがポピュラーだからでしょうか。ズーム双眼鏡も、売り場の流行に乗ってずいぶん増えました。

しかし、一般的な双眼鏡にズーム機能は不要です。

最初は面白いので、ズームを使ってみるかもしれませんが、やがて、高倍率にする機会はほとんどなくなります。上で説明したとおり、高倍率には大きなデメリットがあるからです。実用的ではないのです。

結果、低倍率で使うことになりますが、ズーム機能付きの双眼鏡は、低倍率の時の見え方が、ズームなしの双眼鏡に大きく劣ります。

ここで、通常の6倍双眼鏡と6〜20倍ズーム双眼鏡を6倍に合わせた場合を比べてみましょう。

同じ6倍でも、ズーム双眼鏡は、視野がかなり狭く感じられます。これは、ズーム機能を持たせたことで設計が複雑になり、視界の広さが犠牲になったためです。

また、見える像は少し暗く感じられます。これは、ズーム機能を持たせるためにレンズの構成枚数が増えるからです。

ツァイス、ライカ、スワロフスキー、ニコン、コーワなど有名ブランドの10万円を超えるような高級双眼鏡にも、ズーム機能はありません。双眼鏡愛好家方々は、ズームというだけで大抵は、見向きもしません。

全てのズーム双眼鏡が悪いわけではありませんが、犠牲になるものが大きすぎるのです。

私たちは、双眼鏡は、使い勝手が命と考えています。使い勝手がよければ使用頻度はあがります。双眼鏡は使われ続けてこそ意味があります。だから、商品の企画開発にあたっては、使われ続けるような、良いバランスの双眼鏡作りをめざしています。